Musk-ox ジャコウウシ

092612Muskox02.jpg
フェアバンクスから片道約900キロ、往復1800キロのダルトンハイウェイの旅で、
北極圏でしか見る事の出来ない野生のジャコウウシに出会えました。
遠くにいるのも含めて、20頭くらいいた中でも、
かなりの至近距離で出会えたのがオス3頭で一緒にいたグループです。
結構立派なオス2頭と、まだまだ若い(3〜4歳だと思われる)オス一頭。

092612MuskoxHeadbutting.jpg
大きなオス2頭は、数年前から一緒に行動していて、
遊んでいるのかじゃれ合っているのか、少しは本気なのか?
角の付け根をゴッツんとぶつけ合う頭突きをします。

092612MuskoxHeadButting02.jpg
今回も、ゴッツん、していました。

092612Muskox01.jpg
アラスカ大学の学生の時、ジャコウウシとトナカイを研究目的で飼育している所でガイドの仕事をしていて、
ジャコウウシの頭突きは2キロ離れている所でも聞こえるくらいの衝撃音を出す、
と説明していたのですが、そんな勢いの行動ではなく、
若オスくんも、”お兄ちゃんたち、またやってるの?”とでも言っているような感じの頭突きでした。

092612Muskox03.jpg
ジャコウウシは、一生伸び続ける私たちの髪の毛のような長い外側の毛の内側に、
フワフワの冬毛、Qiviut (キヴィュート)があります。
春になると冬毛が抜けるのですが、その抜け毛を利用して帽子やマフラーが編まれて売られていますが、
外側の毛を刈ってしまうと、冬生き延びれないので、大きな櫛ですいてフワフワのQiviutを集めるので、
羊毛に比べるととっても高価です。
でも、とっても柔らかくて、とっても暖かい!ので、
私にとって、アラスカの冬を楽しむために欠かせないものです。
母曰く、日本の冬には少し、暖かすぎるみたいです。

White Mountainハイキング

092312WhiteMountain.jpg
取って来たブルーベリーをジャムにしたり、
うちの庭になっているラズベリーを摘んだりしたゆっくりな一日を過ごし、
翌日はあまりにも天気がよかったので、
歩くのが大好きな母とWhite Mountainにあるハイキングトレイルに行ってきました。
緩やかな斜度の道を30分程登っただけで、辺り一面を見渡せる事の出来る場所です。

092312WhiteMt02.jpg
トレイルの脇にある赤く色づいている葉っぱのブルーベリーを見るたびに、
青い実がついていないか探してしまいます。
そして、やっぱり摘まずには帰れないという気持ちになり、どんどんと登って行きました。
エンジェルロックと同じで、下の方は終わっているブルーベリーも、
標高の高い所で、風から守られているような所にはまだ残っていました。
(小さいですが写真中央右側にブルーベリーを摘む母が写っています)

092312Onigiri.jpg
そして、きれいな景色を見ながら食べる、母の握ったまんまるのおにぎりは最高!でした。

092312FarmersMarket.jpg
翌日は、夏の間毎週水曜日と土曜日に開かれるFarmers Marketに買い物に行きました。
地元の農家さんやアーティストが収穫物や作品を売るマーケットです。
内陸アラスカは夏の間、天気も安定していて日照時間が長いので野菜が大きく育ちます。
大きく育つので代表的なのはキャベツ。35キロのキャベツが出来た記録があるそうです。
うちでも2年間くらい育てていましたが、収穫直前にムースにぱくぱく食べられてしまいました。。。

092312Cabbage.jpg
買ったキャベツ。
母の指先が紫色に染まっているのを見て、ブルーベリーを摘んだね、とお店の人に言われました。

092312Trees.jpg
フェアバンクスの黄葉もピークにさしかかり、ブルーベリーも摘んで大満足、
ということで、初冬を迎えているであろう北極圏へ2泊3日の旅にでました。詳細はまた後日。

Angel Rocks Hiking Trail (エンジェルロックハイキング)

091112YelllowHills.jpg
母滞在3日目は、フェアバンクスからチナ温泉に向かって1時間車を走らせた所に登り口のある、
エンジェルロックトレイルに黄葉狩りハイキングに出かけました。
エンジェルロックは、往復2〜3時間のお気軽なハイキングコースですが、(温泉まで続く長いコースもあります)
ちょっと登っただけで周りの丘が見渡せて、とても気持ちのいいトレイルです。

091912AngelRocksTohru.jpg
まだ緑色の葉っぱの木も所々ありますが、眩しく感じる程の黄葉!
飛び出した岩の上に座ってランチを食べました。
木々を見下ろしていると、まるで雲の上に座っているみたいです。

091112BlueberryLeaves.jpg
毎年ブルーベリーが沢山なっている秘密の?スポットに行ってみるものの、
ベリーはなく、きれいな紅葉した葉っぱだけ。

091912Blueberry01.jpg
それでもあきらめきれずに、標高の高い所に登って行くと、ありました!ブルーベリー。
熟しすぎて、シュボッとしたものや、シワシワになってしまったベリーも多かったですが、
母と話しながら摘んでいたら、結構つめました。

Screen Shot 2012-09-20 at 12.19.23 AM copy
帰りの下りは、黄葉の木漏れ日を楽しみ、気持ちいいね〜、を何度言っても足りないくらいで、
とっても楽しい、贅沢な黄葉狩りハイキングでした。

南へ

091612Koyo.jpg
あきち(母)が、今回のアラスカ滞在でやりたいと言った事の一つがブルーベリー摘み。
フェアバンクス周辺では、例年よりブルーベリーが早かったせいか、
はたまた、連日の強風+雨でベリーが落ちてしまったのか、あまりベリーが残っていなかったので、
紅葉と黄葉を楽しみながらベリーを求めて南の方へドライブしました。

091612Moose.jpg
Delta Junction(デルタジャンクション)の近くで見たメスのムース。
じーっとこっちを見て(にらんで?)いました。

091612Crane01 copy
途中、開けた景色の見える場所でランチをしていると、上空でSandhill Crane (カナダヅル)の声が聞こえました。
風に乗って、時々かすかに聞こえるツルの声をたよりに、青空の中にツルの姿を探すと、
いました!沢山のツルが、南へ渡っています。

091612Crane04.jpg
少しアップにした写真です。

091612Crane03.jpg
肉眼では、目をそらすと見失ってしまう程の小ささですが、編隊を組んで飛んでいます。
夏の間アラスカの湿地帯で繁殖をしたカナダヅルは、テキサス州やメキシコで越冬します。
一日に500キロ近く飛ぶときもあるそうです。
Vの字の編隊を組んでお互い助け合いながら渡っているツル、
大きなグループの渡りを見れた事は、とってもラッキーでした。

091612RainbowRidge01.jpg
フェアバンクスから300キロくらい南へ行ったところにある、Rainbow ridge.
ツンドラの赤い紅葉も残っていて、赤、緑、黄色のコントラストがとってもきれいでした。

091612Blueberry.jpg
ブルーベリーが結構なっている場所を見つけましたが、小粒なブルーベリーが多く、
強風と低温で、かなりの過酷なベリー摘みになってしまいましたが、
山登りをする母は防寒対策ばっちりだったので、
普通の人なら音をあげるような状況の中、たくさんベリーを摘む事ができました。

黄葉

091612Driveway.jpg
昨日までの一週間ちょっと、日本から母が遊びに来てくれました。
駆け足の秋の紅葉+黄葉を楽しみ、最後の数日は初冬を迎えている北極圏まで行ってきました。
昨日は、北極圏からフェアバンクスへの帰り道、黄葉のピークを感じさせる、
素晴らしい黄金色の黄葉を満喫しながらのドライブになりました。

091612Monte02.jpg
昨日の夜中、母がフェアバンクスを発ち、
今日は朝から強い風が吹いて、色づいた木々の葉がどんどんと地面に舞いおりています。

091612Monte03.jpg
母と楽しんだアラスカの秋、また大切な思い出がいくつも増えました。
思い出すだけで元気になるような事をたくさん経験しました。
明日から、少しずつブログにアップして行きたいと思っています。

091612Monte.jpg
写真は今日撮ったうちの庭とドライブウェイ(モデルはモンティ)です。

Red 赤い色探し

090512Dogwood.jpg 090512Bearberry.jpg
秋が駆け足でやってきて、一日一日、いや、一時間一時間といってもいいくらいに、
木々の色がどんどん変わって来ています。
今年こそは紅葉と黄葉の写真をたくさん撮ろうと思っていたのに、いまいち天気がぱっとしませんが、
今まで撮った写真の中から、秋の赤い色を探して見ました。
トップは私の大好きなDwarf Dogwood(ゴゼンタチバナ) Bear berry(ウラシマツツジ)

090512Blueberry02.jpg 090512HighbushCranberry.jpg
Blueberry (ブルーベリー)とHigh-bush Cranberry (ハクサンボクの仲間)

090512Rasberry01.jpg 090512Saxifrage.jpg
Rasberry (ラズベリー)とSaxifrage (ユキノシタ科)

090512Rosehip.jpg 090512Tundra.jpg
Rosehip (バラの実)とツンドラ地帯の紅葉

090512Fireweed.jpg 090512RedTwigDogwood.jpg
Fireweed(ヤナギラン)の葉っぱとRedtwig Dogwood (ミズキ属の低木)

今日は雪がちらつくかも、なんて予報が出ていますが、
週末まで紅葉が、残っていますように!

紅葉

090312RedTundra03.jpg
アラスカの紅葉といえば、ツンドラ地帯の紅葉です。
こちらの樹木は、紅葉ではなくって、黄葉が殆どですが、
背丈の低い低木は、本当に短い時間だけ鮮やかな紅色に染まります。
ツンドラ地帯の紅葉のピークは、2、3日だけと言われています。
赤く色づいたと思ったら、数日後に霜が降りて鮮やかな赤がくすんでしまうことが多いからです。

090312RedTundra01.jpg
今週末は3連休だというのに、不覚にも大風邪をひいてしましました。
今年の秋はまだ、ツンドラの赤い紅葉狩り、行ってませんが、
次の週末当たり、まだ残っているツンドラの紅葉狩りに出かけられたらなあと思います。
そして、遅れを取っているブルーベリー摘みも頑張らなくてはです。
Secret Blueberry Patchへ行けば、遅れはすぐに取り戻せるはず、です。
Profile

dogwood studio

Author:dogwood studio
2001年9月からアラスカ、フェアバンクスに住み始めました。アラスカ大学で野生生物学を学び、フィールドワークやネイチャーガイドをしていましたが、今はもっぱら版画制作と写真撮影と自然の恵みを得ることに没頭しています。絵本を作るのが夢です。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Calendar
08 | 2012/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Visitor Counter