ポイントバロー

PtBarrowMap.jpg
クジラ祭りの後、チドリの研究でバローに2ヶ月滞在している研究者や学生6人と一緒に、
バローの中でも最北の位置にある岬、ポイントバローに四輪バギーで行くことになりました。
ポイントバローは、ツアーに参加してでも行こう、と思っていた場所です。

072613PtBarrowSandbar-c.jpg
ポイントバローはバローの町から14キロ北西にあり、
バギーで行く道は途中から砂浜になり、
かなりの砂のワダチにヒヤヒヤしながらも、何とか無事に到着しました。

072613PtBarrow02.jpg
着いた時は夜の11時過ぎ。風がなく、とても穏やかな海面には氷が浮いていて、
低い位置にある沈まぬ太陽と、雲と氷の反射が美しく、圧倒される景色が広がっていました。

072613PtBarrow.jpg
この海の向こうには、ずーっと海が続いている、そう考えるだけで、
異世界に身を置いているような気持ちになります。

072613PtBarrowWhaleBone.jpg
ポイントバローは、ホッキョククジラの死骸が置いてあります。
骨や骨に付く肉などを無駄にしないよう、必要な部分を取ったクジラの死骸を町から離れたポイントバローへ運んで、動物や鳥とクジラを分かち合うのです。
昔から同じ土地で暮らす人間と動物は、色々な形で分かち合いの精神を持って、繋がっていた。
でも、いつからか、国と国との国境があるように、
動物と人間、それぞれの世界を完全に分けようとするようになってしまったのかもな、と思いました。
ポイントバローはクジラの死骸を食べに来るシロクマを頻繁に目にする場所だそうですが、
私の行ったときはシロクマはいませんでした。

080213PtBarrow03-c.jpg
バロー滞在2週間の最終日、もう一度ポイントバローに行きました。
その日は前回と違って、見渡す限り氷のない海原が広がっていました。
解氷は常に動いていて、風向きによって岸に氷が押し寄せられてきたり、まったく氷がなくなったりします。

080213ChukchiSea01-c.jpg
氷のない海に、小さな波が立っていました。

080213Pebbles-c.jpg
かがんで水の中をみると、角のとれた丸っこい、カラフルな小石のペブルビーチ。
バローには大きな川もなければ、岩場も見当たらない。いったいこの小石はどこから来たんでしょう?
小さく、丸っこくなるまでに、想像を越えるほどの長い時間と、もしかしたら長い距離を旅して、
バローの海岸にたどり着いたのかもしれないな、と思うと、丸っこい小石がとても愛おしく感じました。

Post a comment

Secre

Profile

dogwood studio

Author:dogwood studio
2001年9月からアラスカ、フェアバンクスに住み始めました。アラスカ大学で野生生物学を学び、フィールドワークやネイチャーガイドをしていましたが、今はもっぱら版画制作と写真撮影と自然の恵みを得ることに没頭しています。絵本を作るのが夢です。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Calendar
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Visitor Counter