フェアバンクス大停電

1203131030am.jpg
あっという間に今年も12月になってしまいました。
実は、11月の中旬に、私の住むフェアバンクス市内で大停電がありました。
どか雪と強風が原因で背の高い木々が電線に倒れたりしたことが主な原因で始まった停電は、
1万数千世帯に渡って水曜日から木曜日にかけての夜中に始まり、
短い所では数時間で復旧したそうですが、我が家に電気が復旧したのは土曜日の朝。
長い所では一週間かかって、やっと電気が復旧しました。

120313HoarFrost.jpg
この時期のフェアバンクスの停電は、不便、という言葉だけでは片付けられません。
外の気温がマイナス30度まで下がるこの時期、家の中、水回りのパイプが凍ってしまう可能性があります。
ラッキーなことに、停電が始まった頃は外の気温はマイナス10度前後だったので、
我が家のように2日ちょっとの停電では深刻な被害はありませんでしたが、
停電3日目くらいから気温は例年並みに下がって、マイナス20〜30度、
一週間も電気のなかった世帯の方達は、相当なダメージを受けたのではないかと思います。
市が災害宣言をして、被害カバーを援助してくれるということなので、良かったなと思います。

120313Spruce.jpg
北国には電気がなくても稼働する薪ストーブか灯油ストーブが家にあるのが当たり前、
そう思っていたのですが、電化が進んでいるこの頃では、電気がなくては暖のとれない家が多くあるんですね。
町中では、ガソリンで電気を作る発電機が飛ぶ様に売れたそうです。
うちは薪ストーブがあるので、停電中も生活空間は暖かく、
そして停電中の暗い中も火の燃える様子を見ていると、心が落ち着きました。

120313Squirrel.jpg
我が家で一番心配だったのが、室内にある冷凍庫の中の食料たち。
最初のうちは外の気温もマイナス10度と暖かかったので、これが続いたらどうしよう、と思いましたが、
3日目から寒くなったので中身を全て鞄に入れて外へ。
冬の停電はこの技が使えるのでいいのですが、夏の停電はそういう意味では、我が家に取って一大事です。

120313GilmoreTrail01.jpg
停電騒ぎが落ち着いた先週末はThanksgivingで4連休でした。
友達と集まってワイワイと食べて飲んで過ごしたり、
マイナス20度くらいの中、今シーズン初のクロスカントリースキーに出かけたりしました。
日照時間の短いこの時期は、空の色がとても奇麗です。
今年中に、あれもこれもやって置きたいことがあります。
今年、来年、という区切りのおかげで、少しは気持ちにカツが入りますね。

Post a comment

Secre

Profile

dogwood studio

Author:dogwood studio
2001年9月からアラスカ、フェアバンクスに住み始めました。アラスカ大学で野生生物学を学び、フィールドワークやネイチャーガイドをしていましたが、今はもっぱら版画制作と写真撮影と自然の恵みを得ることに没頭しています。絵本を作るのが夢です。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Calendar
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Visitor Counter