Boreal Owl(キンメフクロウ)*2015*その5

060415UpsideDownowlet01.jpg
5時過ぎに家に帰って来て、2階の窓から巣箱の方に目をやると、体を乗り出しているヒナが見えました。
双眼鏡を手にして覗いてすぐ、見えなくなったと思ったら右の方へバタバタと飛ぶ姿が見えました。
巣立ちの瞬間を目撃してしまいました。
キンメフクロウのヒナは、一度巣箱から巣立つと巣箱へは戻りません。

BorealOwletUpsidedownFB-Nancy.jpg
巣箱のあった白樺のすぐ側のトウヒの方へ飛んだように見えたので、慌ててカメラを持って外に出てみて、
驚かさないようにそっと近づいて見ると、なんと!逆さまにぶら下がっていました。
顔の方向を変えて、こちらを見ている姿が何とも滑稽で、可愛いかったです。

060415TwoOwlets01c.jpg
そして、よくトウヒの木を見てみたら、ヒナは2羽いました。
上の方にいるもう1羽のヒナが見えるでしょうか?

060415Owlet2-02c.jpg
この後、数分後にまたバタバタと飛んで、すぐ側の枝に止まりました。
巣箱を双眼鏡で覗いてみたら、更にもう1羽いて、奥の方でこちらを見ていました。
巣箱の中で少なくとも3羽の雛が無事に育ったようです。

060415Owlet201c.jpg
この後、毎年恒例のキングサーモン釣りへ出かけて帰って来てからも、
一週間程、家の近くでかわいいフクロウにヒナ達にあう事が出来ました。
とっても貴重な体験が出来たのも、情報をくれた近所のナンシーと巣箱を付けてくれたとおちゃんのおかげです。
そして、もしかしたら、キンメフクロウのヒナの版画を作ったからかな?とも思ってます。

Post a comment

Secre

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.
Profile

dogwood studio

Author:dogwood studio
2001年9月からアラスカ、フェアバンクスに住み始めました。アラスカ大学で野生生物学を学び、フィールドワークやネイチャーガイドをしていましたが、今はもっぱら版画制作と写真撮影と自然の恵みを得ることに没頭しています。絵本を作るのが夢です。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Calendar
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Visitor Counter